2012年3月4日日曜日

報恩講の模様(4日)


本日3月4日は、初晨朝法要からはじまり、日中法要、逮夜法要をお勤めしました。法話は、鶴見榮鳳師(23組願正寺)がお話され、午後の時間の一部は、23組の門徒、住職、坊守、若院などで結成された「劇団ツースリー」が劇「親鸞と弁念」を上演しました。
また、境内の特設テントでは、ボーイスカウトが「おしるこ」をふるまいました。
本日も、雨天の中、大変多くの方がお参りに来られました。ぜひ、三河別院報恩講にお参り下さい。